YOSHII CLINIC
        NEUROSURGERY/ 脳神経外科       吉井クリニック
当医院へのお問合せ・
ご質問はこちらまで

 
脳血管外来(予防と治療)
突然起きる脳血管の病気である脳卒中とは脳血管がつまって血液が流れなくなる『脳梗塞』、細い脳血管が破れて出血する『脳出血』、中等度以上の太い血管に出来たこぶ(動脈瘤)が破れて脳の表面が血液で覆われる『くも膜下出血』に大別されます。
その中で『脳梗塞』が最も多くそれぞれの割合は6:3:1です。
私は自分で長期間診察をした脳血管の患者さんのうち1964年から2000年の間に色々な検査(脳血管撮影、脳波、CT、MRI、脳血流など)おこなった623人(内訳は脳梗塞281名、脳出血145名、くも膜下出血197名)について平均5年6ヶ月の追跡調査を行いました。これらの結果はその都度、神経学会、脳神経外科学会、脳波学会、神経放射線学会、などで発表してきました。最近では2004年3月に日本脳卒中学会セミナーで脳梗塞をまとめ発表をしております。
脳と心臓の血管病が90%を占める突然死については私の家族の一員を突然失った経験から前兆(予兆)について今までにはない詳しい調査を行い『突然死のシグナル』(単行本)として発表しました。
その後、厚生省[突然死研究班班員]として突然死の実態をつかむべく3年間共同研究を行いました。これらと平行して突然死を防ぐためお役に立ちたいと思い、テレビ、雑誌、新聞、公開セミナー、講演などで発表を行ってきました。また、家族が突然死された方々とお会いし『急性死を防ぐ会』を作り意見を交換し会報を発行しました。また、松蔭大学では食生活やストレスについて、これが人間に与える影響について具体的な講義を行いました。私はこれまでの経験と知識をもとに脳血管の病気の予防と治療について神経、精神、運動、栄養など多方面から総合的な診療を行って患者さんのお役に立ちたいと思っております。

脳血管障害に関する当院長の発表論文・解説・著書
・頭蓋内に異常血管網を示す疾患(単行本):工藤達之 編集、医学書院、1967
・専門医に聞く脳血管障害の臨床(単行本):後藤文男、田崎義昭 編、中外医学社、1973
・脳血管障害の臨床(単行本):工藤達之 編、金原出版、1975
・脳血管障の脳波T:日独医報(22)1.1997
・脳血管障の脳波U:日独医報(22)3.1997
・くも膜下出血と脳血流。:Hi Medic(5) 11〜12.1983
・くも膜下出血を防ぐ。:ショッピング251:234〜237.1990
・動脈硬化性疾患の内科的・外科的アプローチ(単行本):日本医師会雑誌(別冊).108.11.1992.4
・脳疾患の血管内外科。:日医新報(3593):161.1993
・ウイリス動脈輪閉塞症(単行本):シュプリンガーフェラーク東京1993
・脳梗塞:月刊ヘルシートーク.No,101.1994
・あなたの頭痛は危険がいっぱい。くも膜下出血:大丈夫(小学館)10月号.1993
・ライフスタイルと食生活:ポプラ社4月1995
・ストレスと生活:ポプラ社4月1995
・脳血管障害の長期follow up study(小冊子).:日本脳卒中学会ランチョンセミナー4.3.20004
・なぜ突然死:医食同源選書4(単行本)明治製菓 1990.6.20
・突然死のシグナル(単行本):みずち書房 1991.6.1
・突然死・急性死のシグナル(単行本):日本医学館 1995.5.8
・あなたの体の危ないサイン(単行本):予防健康出版 1998
・急性死:くらしの知恵(121):14〜15、1989
・急性死の悲劇を繰り返さないために:看護学生、37:1、1989
・急性死を防ごう:ばらんす、8(8) 6〜8、1989
・突然死 :ショッピング(246):174〜177、1989
・夏の急性死を防ぐ生活法:NEX 1990.10
・突然死、その実態と防止策.:薬事日報(7510):5,1990
・急性死(突然死):新世、3:40〜43、1991
・「突然死」「急性死」の前兆と予防、:先見経済(8-1)40〜44、1991
・壮年期の健康について、中高年の健康と医療. :桜門春秋(50):37〜42、1991
・突然死は防げるか.:日医師会誌、106:1323〜1337、1991
・突然死・急性死を防ぐために;前兆、個人健康カード、救急処置、治療:74:156〜157、1992
・まだムリがきくと思っているうちに読む本(単行本):情報センター出版局:7.1992
・突然死・急性死にならないために、日常生活での予防法:暮らしと健康(4):60〜67、1992
・突然死は予知できる.:週間読売、1992.8.9
・突然死のサイン:おあじいかが(5):20〜21、1992
・急性死の危険信号を予防.:サンヘルス(157):1〜2、1992
・大病の前兆:週刊読売7月4日号 20〜21、1993
・増える心臓突然死、突然死の前兆を見逃すな。:世論時報、11:8〜11、1993
・急性死・突然死を防ぐために、前兆と防ぐための12ヶ条。:健康教室、512:77〜80、1993
・医療最前線:突然死を防ぐ。:ノーサイド(2月号):100〜102、1993
・「まさか!」の健康管理、急性死・突然死を防ぐために。:ほんとうの時代:17〜26、1993
・からだのtopics 30〜40代いまやる事慎むべきこと。:自由時間、No,56:66,,1993
・急性死の危険信号(前兆)と予防。:官公労働、47:10〜13、1993
・今が怖い夏バテ突然死。:週間読売、9.7.1997
・健康と思っている男に多発する突然死。:月刊開花、7.11.1997
・大半が血管病である「突然死」の前ぶれ脳・心臓。:月刊、寿、10月号、1999
・息切れが続いたとあとの背中の痛みが強くなり突然死。:月刊わかさ 1月号、2000
・急性死・突然死の危険信号、健康チェック表。HPほんとうの時代、時増刊号、10.2001
・冬に多い突然死:今や年に20万人も及ぶ突然死に寒暖の差が引き金:月刊わかさ、2.2.202
・30代突然死の恐怖:突然死する前にはこんなシグナルがある:SPA、5.13.2003
・心筋梗塞の前ぶれには動悸、息切れのほか胃や背中、左小指が痛むことも多い。:月刊開花6月号2003
*その他、著書多数あり

頭痛外来
頭痛を訴えていろいろな病院・診療所を訪れる患者さんは大変多い。それだけに簡単に取り扱われる傾向もないとはいえないですが、医師の第一の義務は生命にかかわる様な病気を発見することで、それが診察や検査でないとわかれば良性の頭痛と診断し薬による治療を行います。その際、参考になるのは頭痛の起こり方や痛みの続く時間、痛みが消えるとき、どんな形をしているか、痛みの起きる部分や拡がり方、頭痛の前兆や吐き気や嘔吐を伴うか、今まで受けていた治療と薬の情報、今までかかったことのある病気(特に眼、鼻、耳、歯)などですからこれらについてメモをして来院して下さると大変参考になります。
診察は神経学的検査(脳脊髄、末梢神経、眼や耳、運動、皮膚感覚、その他を調べること)頭部CT・MRI場合によっては脳波、MR血管撮影、3次元CT撮影などを行い、脳腫瘍、脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞、頭蓋内血腫(硬膜内外血腫)、水頭症、脳炎、髄膜炎、などがあるかどうが調べ頭痛の原因がみとめられれば直ちに治療が必要となります。良性の頭痛と分かれば頭痛の種類を決めその治療を行います。
頭痛の分類は典型的片頭痛、普通型片頭痛、群発頭痛、筋緊張性頭痛、側頭動脈炎、心因性頭痛、後頭神経痛、高血圧性頭痛、アレルギー性頭痛、その他です。私は普通の場合、西洋薬を用いて治療を行っておりますが、漢方薬を使っての治療も行います。また、場合によっては両方を使っての頭痛に関する治療も行っています。

頭痛に関する当院長の発表論文・解説・著書
・慢性頭痛:毎日ライフ(臨時増刊)59−61項 1990
・頭痛の成因とその治療:慢性疼痛漢方研究会誌第1号
・慢性頭痛とその治療:臨床と研究67、3469〜3471 1990
・呉菜萸湯 頭痛:脳神経外科速報1、13〜34、1990
・あなたの頭痛は危険がいっぱい:大丈夫(小学館)1996 10
・頭痛の漢方治療:現代東洋医学14(2) 178〜181、1993〜1994
・脳卒中の前兆として最も多いのは頭痛だ! :救命の輪 1993 2
・血管性頭痛:図説半導体レーザーと痛みの治療:メディカルレビュー社 P75〜75
・筋収縮性頭痛、後頭神経痛:図説半導体レーザーと痛みの治療:メディカルレビュー社 P98−99 1992
・頭痛に対する半導体レーザーの鎮痛効果:慢性疼痛学会研究会誌 1992
・頭痛、:臨床医のための漢方治療:疼痛関関節疾患編 1996.3
・頭部・顔面のCT(単行本):テクノ社東京 1980
・脳のCTスキャン(単行本):医歯薬出版東京 1985
・神経放射線の基礎と臨床、基礎からCT、MRIまで:日本医学館 東京 1991
・手術後の頭痛(漢方健康相談):日本短波放送、1990
・あなたの頭痛は危険がいっぱい:大丈夫(小学館)1993.3


頭痛・脳血管障害に関して当院長の取材を受けた新聞・テレビ取材
・医療ルネッサンス1146突然死@:読売新聞.5.2.1996
・頭痛や息切れ→急性死。:産経新聞.3.1.1989
・急性死―発病には何かの前兆。:秋田さきがけ7.2.1995
・怖い急性死「前兆」あります。:東奥日報7.13.1995
・急性死を防ぐために。:神戸新聞.7.6.1995
・突然死・急性死:徳島新聞、7.25.1995
・急性死にも前兆。:福島民報、6.20.1995
・急性死を防ぐには。:神奈川新聞.6.30.1995
・急性死"危険信号"見逃すな。:愛媛新聞.6.19.1995
・見落とすな急性死の前兆。ためらわず医師に相談。:高知新聞6.29.1995
・急性死前兆を見逃すな。:四国新聞.6.26.1995
・急性死のサインを見逃すな。:山陰新聞.6.21.1995
・急性死を防ぐために。:琉球新聞.6.19.1995
*その他、

・急性死の前兆と予防 医食同源 No332 1989年3月
・「健保連のすこやかさん」 :脳卒中 フジテレビ
・手術後の頭痛(漢方健康相談):
・「ズームイン!朝 スームインズーム脳出血、脳梗塞」:日本テレビ
・日本の名医 吉井信夫 急性死を防ぐには
・すこやかさん"急性死"共同テレビ。:フジテレビ
・ドキュメント特集東京92 「急性死を防げるか」検証生還の条件: TBSテレビ
・おもいっきりテレビ「夫を奪う突然死の恐怖」:日本テレビ
・過労死について:テレビ東京
・関口宏のアトランダム「ストレスと突然死」:TBSテレビ
・ニュースプロフィール「吉井信夫さん」 :テレビ朝日
・気になるテレビ、グルメが突然死を招く :テレビ朝日
・平成世の中の研究所、「突然死は誰にでも起こるのですか?」:NHK
・気になるテレビ「突然死」急増する突然死:テレビ朝日
・クローズアップ現代、ゴルフ場で死なないために−相次ぐプレー中の突然死―:NHK
*その他、テレビ取材多数
 
Copyrights (C) 2004 Yell Corporation. All rights reserved